3人そろったら、三角パスの練習をしよう

パスの練習は2人いれば出来ますよね。
でも、2人でする練習は、向い合って蹴る、止めるという練習になります。



 

この練習は、ボールを止める向きと蹴る向き、相手の場所が全部同じなので
単純に「止める、蹴る」という練習になってしまいます。

もうひとり友達がいたら、3人でパス練習をしましょう。



 

3人でのパス練習は、ボールが来る方向と、パスをする方向が違う(角度がつく)ので
ボールをパスしたい方向にボールをコントロールする必要があります。

当然、パスをもらう人とパスを出す相手を両方見なくては行けません。

小学1年生でも出来る練習です。中学3年生でも2タッチでノーミスで右まわり、左まわりを
30周することは難しいかも知れません。

蹴る足の使い方は、止めやすい足、蹴りやすい足を使うことが基本です。

右方向から来るボールを左のアウトサイドでコントロールすることは次のプレーが
難しいですが、すぐにパスを出来ることを考えれば、分かるはずです。

得意な足を使うことも、ひとつの方法です。

>>サッカーテクニック向上メソッド

右のアウトで止めて、右のインで蹴る。
左からのボールも、右のインでコントロールして右のインで蹴る。

レッツトライ!

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ