インステップキックで地面を蹴らないようにする仕組み

シュートやロングパスはやはりインステップキックが基本です。

インステップキックが苦手という子供たちの多くは、地面にボールが当たりそうになる。
または、地面を蹴ってしまって痛い思いをした。

そんな経験があると思います。

インステップキックは足首を伸ばして固定するのですが、軸足は足首が曲がっていて
蹴り足を伸ばすと地面に当たるのは当然という事になります。

足をすくめるというか、ヒザを軽く曲げて地面に当たらないような角度を作ることが
インステップでボールを蹴るポイントです。

インステップ地面

なあんだ。という声もあるかもしれませんが、このヒザを曲げる角度を
つかむことはなかなか難しいもの。

インステップキックは、地面に対して直角になる必要はないのです。
例えば次の図のような感じです。

インステップ地面2

青色よりも赤色の角度が斜めになっていますね。
しっかりインステップに当たっていればこれでOKです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ