ファーストタッチのトレーニング

味方から受けたパスをファーストタッチでコントロールして
相手をかわすというトレーニングです。

仲間からのパスではなく、コーチ(または親)からのパスで開始します。

オフェンス側はボールが蹴られた瞬間にスタートしてボールに寄ります。
ボールに寄りながら相手デフェンスの動きを見て左右にボールをコントロールします。

デフェンス側もボールが蹴られたらスタートを切ります。
鋭く寄せないとオフェンスの練習にならないので鋭くプレッシャーをかけましょう。

コーチ(親)は、オフェンスの足元に速いパスをだすだけでなく
やや弱いパスやデフェンスに近い場所へのパスなど変化をつけるとよいです。

スタート位置

ファーストタッチ1

ファーストタッチの瞬間
ボールタッチとともに体も移動します

デフェンスを抜いたら、ゴールへシュートまたは
ドリブル通過で勝ちです。

ファーストタッチ2

 

グリッドの大きさは学年によって工夫してみて
下さい。

大きくすると楽になります。だんだん小さくしていくことも
よいでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ