サッカーの基本はキックです。キックで大切なことについて

少年サッカーの基本を教えている私たちコーチが一番多くの時間をかけて指導する技術は
キックではないでしょうか。

キックの種類は大きく分けると次の通りです。

  • インステップキック
  • インサイドキック
  • アウトサイドキック

これをさらに細かく分けることができます。

  • インフロントキック
  • アウトフロントキック
  • インサイドキック(前)
  • インサイドキック(踵)
  • アウトサイドキック(前)
  • アウトサイドキック(踵)
  • ヒールキック
  • トウキック
サッカーのキックの種類の分け方は、脚のスイング方向で大きく別れます。
そして、足に当てる場所でさらに別れます。

キックだけを解説しても本を1冊かけるほどのボリュウムになると思いますので、
ここでは大切なポイントを書いておきます。

スポンサーリンク



キックはフォーム作りとボールミート


インステップキック

よいフォームは軸足と上半身のバランスから
よいキックはよいボールミートから、よいボールミートは足首の固定が必要
足首の固定にはある程度の筋力が必要

こう思っています。

ここではキックと言ってもボールを遠くへ飛ばすことだけを意味しているのではなく
狙ったところへ、イメージしたスピードと強さと回転でボールを蹴ることを言います。

幼稚園児から高校生までそれぞれの体格にあったキックフォームが存在します。
体格に逆らって無理なフォームにならないことも大切です。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ