ボールを持ったら自分の間合いでボールをキープ!突破を狙おう

サッカーの試合中を意識して練習してますか?

今回の練習は、ボールを持ったら自分の間合いでキープしようという
ものです。

マイボールにしてボールをキープ!


ボールをうばってマイボールにした場合でも、味方からのパスで
ボールをもらった場合でも、敵が必ず近くにいるものです。

特に密集した場所でボールを持ったら、半径2m以内に絶対に
敵がいるはずです。

スポンサーリンク



その時、やみくもにゴールに向かって行ったら相手の思うつぼ。
相手に向かっていって、相手を抜ける自信とテクニックがあるなら
やってもいいプレーですが。

そこまでのレベルにない場合は、まず相手にボールをうばわれないことを
考えましょう。

相手ボールにならなければ、相手から攻められることもシュートを打たれる
こともありません。

相手にボールをうばわれないためには、相手から離れることです。
相手からボールをとおざけること。


サッカーを始めて間もない子供たちでもこのプレーなら相手との間合いを
広げて、ボールをキープし、相手がスキを見せたら突破出来るでしょう。

足裏を使ってボールを扱う、ボールを引いて間合いを広げる


敵から離れる、ボールを敵からとおざける方法はいつくかあります。

インサイド、アウトサイドを使って横にずらす方法が一般的でしょう。
体を相手とボールの間に入れながらキープします。

しかし、この方法だと相手の様子が分からないので、前にしかける
タイミングが分からない時もあります。

ここで行う練習は、正面の敵から後ずさりしながらキープする方法です。

後ずさりなんてしたら、攻撃出来ないのでは?

そう思うかも知れませんが、バックステップしながら下がるので
いつでも前に出ることが出来ます。

少なくとも、攻撃方向に向かって背中を向けてしまうよりは
攻撃方向が見える方法です。

具体的な練習方法


コソトレからの抜粋です。
初心者向けのコソトレですけど、このワザは大人でも使う一生モノのテク。
しかも、そんなに難しくない。

足裏ドリブル
>>詳しくは公式サイトにて

ぜひマスターして下さい。
相手にボールを見せながら後ずさりして、相手が重心をかけてボールを奪いに
足を出したらチャンスです。
スッと前に出ちゃいましょう!



足裏でボールを扱うメリットは、360度どこへでもボールを
移動出来ること。

その時、軸足も一緒に移動して下さいね。
ステップステップ!

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ