太ももトラップのコツをつかんで浮き球を自由自在にコントロールしよう

少年サッカーでは、ボールがポンポンとバウンドしがちですね。
ゴロでパスをつなぐという意識はあっても、キックが未熟でボールが浮いたり
ボールコントロールでバウンドを止められないという場面が多いです。

サッカーでは浮き球を浮き球のままコントロールしてパスする場面と
浮き球を地面に落ち着けてパスやドリブルをする場面があります。

そのどちらにも大切なことは、まず、体の柔らかい部分、広い部分でボールを
受け止めること、空中にあるボールに触れることです。

胸やモモは面積が広いので浮き球のコントロールにはぴったりの場所です。
浮き球が苦手な子は、胸トラよりもモモトラを練習しましょう。


胸トラはボールが顔に近づいてくるので、ちょっと怖がる子もいます。
モモなら大丈夫。

練習のポイントを屋良さんが解説しています。



屋良流コソトレはこちらの公式サイトから。

今年度からサッカーを始めた子供たちが取り組んでいます。

レッツトライ!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ