止める蹴るの基本をスクエアパスで練習する方法

基本は大切です。
サッカーの基本で一番何が大切かと聞かれたら、迷わず

トラップ

と答えます。

トラップをチーム練習で行う方法はたくさんありますが
意外とデフェンダーをつけて練習しているケースが多いですよね。

スポンサーリンク



デフェンダーをつけてトラップミスするレベルなら、ノープレッシャーで
ピタッとボールを止める、方向を変えてパスをするということをしっかりと
繰り返し練習するべきだと思います。

ここでのメニューは下の図の通りです。

なあんだと思う方もいらっしゃるでしょう。
そう、シンプルです。

シンプルだからこそ出来なければならないんです。

sukueapass

A→B→C→Dとボールを回します。時計回り、反時計回りの両方やります。

ルールは、左から来たボールは右のインで止めて、左のインで素早く蹴ること。
右から来たボールは左のインで止めて、右のインで素早く蹴ること。

トラップは一瞬静止するくらいでオッケーです。

この練習の目的はトラップです。

コーンの内側にパスが行かないように、味方の足もとを狙って蹴ります。
そのためには、ボールを蹴りやすい位置にピタッと止めることが
大切です。

30秒カウントして、何周出来るか。
四角形を大きくしたり、小さくしたりしながら、ノーミスで回数を増やして
いくと集中して楽しく練習が出来ます。

4mの大きさだと、20回以上はやれるでしょう。
逆に、トラミスすると5回しか出来ないかもしれません。

向かいあってのパス、トラップもよいですが、サッカーでは後ろや横から
パスが来るので、このような四角形の角度が必要ですし、実戦的です。

出来るようになって来たら、中にコーチが入って軽くプレッシャーを
かけて見てください。

急にミス連発になるかも知れません。

ノープレッシャーと軽いプレッシャーを使い分けながら
少しずつ上達していくことです。

この練習では、ボールを止める位置を自分で考える必要があります。
コーンのすぐそばで止めれば、蹴ったボールはコーンに当たります。
コーンの手前で蹴れば、コーンの内側にパスをすることになります。

コーンを通り過ぎたところでボールをトラップすること、蹴るコースを
見つけることが大切です。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ