リフティングが出来ない理由はこれかも知れない!読んで見て欲しい

小学生でサッカーを始めたばかりの子。
学年問わず、サッカーの基本練習である

ボールリフティング

がなかなか上達しなくて悩んでいる子も多いでしょう。

リフティングはボールフィーリングを身につけるために
とてもよい練習です。

でもボールリフティングは難しい、コツはなんだ?


ボールリフティング

基本は「インステップ」を使ってボールを真上に
上げる練習から。

でも、ボールを上に蹴るというと足を振ってしまう様子を
多く見かけます。

股関節を支店にしてヒザを伸ばしてロボットのように蹴る子。
これでも回数は稼げますが限界があります。

ヒザ下の動きを見直してみよう!



ヒザから下を使ってボールの下を蹴ってみよう!

こういうコーチングをすると
ヒザから下をスイングして蹴ってしまいます。

リフティングの動き

しかも、つま先を上げてスイングすると
ボールは逆回転しまくりになります。

ボールを真上に上げることが軌道が安定し
しかもインステップのスイートスポットにあたっている
ことになります。

ここで、整理すると。

ボールを真上に上げる。
インステップのスイートスポットに当てる。

この2つがポイントです。

そこで、ヒザ下をスイングさせずに
ボールを蹴り上げて見ましょう。

ヒザ下をスイングさせないで蹴るってどういうこと?


インステップが上を向くように足首をやや曲げて
固定します。

インステップのスイートスポットでボールをとらえます。
足の上下動は、ヒザを上下させることです。

リフティングの動き上下動

両足を交互に足を上下させます。

ためしにやってみて下さい。
足首は固定し、つま先がグラグラしないように
つま先を上げ気味にします。

落ちてくるボールを高く蹴り上げる必要はありません。
高くても胸、出来れば股間ぐらいの高さまで。

出来れば左右交互に行うと、将来、回数が伸びます。

リフティングでサッカーが上達する!


ヒザの上下動とか、足首の角度とかこちらの動画をご覧下さい。

>>個の力を育成するためのドリブルトレーニング


DISC1、2はリフティングを主体とした練習です。
こちらのサイトにはリフティング動画が載っているのでぜひ参考にして下さいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ