踏みつけトラップをしていませんか?

トラップでミスをするパターンは大きく3つありますよね。
(1)ボールを大きく弾いてしまい、相手に取られるパターン。

(2)ボールを止めたのはいいけれど足もとに深くはいりすぎて、次のプレーが送れるパターン。

(3)ボールが足の下を通り過ぎてしまう、悲しいパターン・・・

踏みつけトラップは(3)のもとになるので、要注意です。

上からトラップじゃなく、よこから迎えに行くようにトラップ。

トラップする足はすこし浮かす事が大切ですが、ボールより高く浮かす必要はありません。

 

もし、踏みつけトラップをしていたら、膝が高すぎる証拠です。

重心も高くなっているので、膝を柔らかくつかって、背筋を伸ばしてみましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ