トラップがちょっと大きくなってしまった時の対応

試合中にパスをもらった時、ちょっとトラップミスをしてしまうことは少年サッカーではありがちですよね。

トラップミスと言っても、大きく弾いてしまい完全に相手に渡ってしまう場合はすぐに奪い返しに行かなくてはなりません。

しかし、ちょっと大きいトラップで、自分の方が先に触れそうな場面も多いはずです。

そんな時、よく見かける場面は、インサイドでコントロールしてそのまま抜いてしまおうというプレー。
でも、相手もインサイドを出してくるので、ボールが引っかかってしまうんですよね。

ボールを失わない、自分たちのボールにするという目的なら、こんなプレーもトライしてみて下さい。

スライド画像では、左側からボールをもらった青の選手が思わずトラップミスをして、赤の相手に
寄せられるという場面です。



アウトサイドで引っ掛けながら、体を素早く入れる。
この時、腕も使って相手をブロックします。

次の展開としては、後ろからのサポートにパスをして、もう一度ボールをもらい直すことと
自分で、アウトサイドを使ってターンすること。

ボールを下げることは簡単ですが、自分で打開するプレーがあれば、相手も困るはずです。

今年になってサッカーを始めたばかりの少年少女には、このプレーは難しい?
いえいえ、お父さんがボールを出して、アウトサイドのトラップをするメニューが紹介されています。

詳しくはこちら>>ドリブル初級編

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ